• TO-Mobileスタッフさん

iPhone 修理 部品事情 TO-Mobile本山店

最終更新: 2019年2月12日

現在、国内にて非正規のiPhone修理を行っている店が1,500ほどあるようです。

今このページをお読みになっている多くの方々は、iPhoneの調子がわるかったり画面が割れていたりして修理を検討されている方だと思われます。このページにこられる前にいくつかの修理店のホームページを見て修理料金にかなりの差があることに戸惑っておられるのではないでしょうか?皆様の参考になればと考え修理価格の裏側について少し紹介致します。


iPhone修理店にかかるコスト

1. 修理部品代金

2. お店の賃料や光熱費等

3. 修理技術者の人件費

4. 広告宣伝費

5. その他(フランチャイズ費用・輸送費等)


だいたいこんな感じと思われます。特別なものはその他のフランチャイズ費用でしょうか?そのポイントは修理技術を習得するのは手先が器用ならばそんなに難しくはありませんが新しい情報やわからない情報が入ってこないのは問題でお客様を不安にさせてしまいます。

2以降のコストは基本的に「修理件数が増えるほど、1件当たりのコストは減少」していくものです。もちろん人件費は、修理件数が圧倒的に増えたら人数を増やさなければならないでしょうが、現状は手が回らないほど修理件数が多いという羨ましい修理店さんは少なく、大半の修理店さんでは固定費と考えてよいのではないでしょうか。 広告宣伝費は、修理チェーンによって考え方も違いますので一概には言えませんが、修理件数が増えると、それなりに認知も高まっていくので、コスト効率が良くなるのが普通です。

しかし1の「修理部材の仕入コスト」だけは、修理件数に比例してコストが発生します。

「修理件数=修理部材の購入数が多いほど仕入は安くなるんじゃないの?」と思われた方もおられるかもしれませんが、実際にはそこまで大きくは変わりません。iPhoneの修理部材は中国を中心に大量に流通しているものなので、日本の修理チェーンが調達するボリュームは全体から見るとさほど大きくありません。調達ボリュームが小さい業者さんだと現地で直接仕入れることは困難なので中間業者から少し割高で仕入れることになります。大手だからといって「同じ部材が半額になる」というわけではありません。それでも各社のホームページに記載されている修理料金には大きな差がありますよね。それはなぜかと言いますと!


修理料金に差があるのは「使用している修理部品が違うからです!」


iPhoneの修理部材について

iPhone修理店が行っているのは不具合のある部材を良品に取り換える「交換修理」が中心です。一番多いのは割れた画面の交換です。その時交換に使用する画面はiPhone修理店によって異なります。Apple純正部品なんていくつかのiPhone修理屋さんのホームページで見かけると思います当店の iPhone修理 長久手 藤が丘 TO-Mobile長久手 も同様です。

iPhone 7 画面交換11,000円 iPhone 7 画面交換(Apple純正部品使用) 16,000円

のように修理料金が2つあり「Apple純正」などと書かれた方が高くなっているのをご覧になったと思われます。それは「純正品を再利用したパーツ」と「コピーしたパーツ」で値段の差が出る事となります。まずはこれが第一段階です。そして

アップル社は世の中の非正規修理店に部品を卸しておりませんので「Apple純正」と書いてよいのか疑問もありますし実際の部品の中身からしても「Apple純正」と書くのはやや問題があると思います。アップル社のiPhone等世の中の製品は多数の部品メーカーから様々な部品を調達し組み立て製品としております。その中で一部の部品メーカーからiPhoneに使用しているものと同一部品が他へ流れているケースもあります。ただ、iPhoneの画面に関して言えば、修理業者が使用しているのは「iPhoneについていた純正の液晶パネルの再生品」であることが多いです。iPhoneを落として画面が割れた場合でも、液晶パネルは無事で表面のガラスだけが割れていることが少なくありません。この液晶パネルからガラスをきれいに剥がし、新しいガラスを貼って再生するのです。液晶パネルは厳密には新品ではありませんが、液晶の寿命から考えると再利用には問題ありません。もともとiPhoneについていたApple純正の液晶パネルを使用しているので「Apple純正部品」と記載しているのですね。完全に嘘というわけではありませんが、ガラスは別物ですし、iPhoneについていた部品とは異なる業者が貼り合わせたものですから、「純正部品」と書いてしまってはいけないと思います。とはいえ、同じ液晶パネルやタッチセンサーなわけですから、色合いやタッチ反応は純正品と同水準の品質です。ただし、再生をおこなっている業者は多数あり、品質にもばらつきがあります。品質の低いものだとガラスの接着が甘く、使っているうちにガラスが浮いて剥がれてくるものもがあります。ちなみに、液晶パネルの裏側にあるケーブルやコネクタはiPhoneから取り外したままのもともとの部品が使われているケースが純正品の再利用パーツです。


コピー部品

iPhoneと同じサイズ、解像度ですが、まったく別物の液晶パネルを使った交換部品です。タッチセンサーやケーブル、コネクタなど全てコピー品を組み立てた交換部品ですね。


Amazonなどで安くパネルが販売されているのはこのコピー品でも一番安い品質が低いものを販売しております。コピー品でも安かろう悪かろうという事です。


このコピー部品は、使用している液晶パネルもケーブル類も様々で、品質も値段もピンキリです!再生品と比べると半額とか、安いものだと3分の1くらいの値段で調達できますので、当然修理料金も大幅に安くできます。コピー部品でも品質の高いものはあります。(ただし、品質の高いものは仕入コストもそれなりに高くなります。)そして、仕入値が安いコピー部品は、確実に品質も悪いです!液晶の発色が悪い、色むらがある。タッチの反応が悪い。ホームボタンがぴったりはまらない。(ボタンを押すと微妙に横ズレする)

など、使用していて明らかに違和感を感じるものもありますし、すぐには気づかない部分にも問題が隠れています。コネクタの作りが甘い。(iPhoneの基板にしっかりと接続できない)ケーブルの耐久性が低い。フロントカメラを固定する部品が欠落している。コネクタやケーブルに粗悪品を使用すると、修理した直後は問題なくても使っているうちにちょっとした衝撃などで液晶に何も表示されなくなったりします。実際に当店でも「他店で画面交換をしたけどすぐに調子がわるくなった」というようなお客さまがたまにお見えになります。


コピー品だから悪いわけではなくバッテリーやフロントパネルはiPhoneの各機種に使用できるように中国の各社が高品質のフロントパネルを製造し始めております。簡単に言えば乾電池の単位とiPhoneの各機種が同じ感じでその単位(各機種)にあったフロントパネルやバッテリーを作っているということです、それがコピー品です。

iPhone修理屋さんはコピー品とはいえ、いかに品質の高い部品を調達するかがポイントとなります。


修理店を選ぶ際に注意すべきこと

iPhoneの修理を検討されているみなさんに知っておいていただきたいことは修理料金の違いは「使用する部材コスト=部材品質の違い」ということはご理解いただけたと思います。

アップル社の純正にこだわるならアップルケアに入り修理を続ける事がベストです、しかし毎年新しいiPhoneが発売され機種が古くなってしまうと価値も下がってしまします、がしかーしiPhoneの良いところはOSのアップグレードも多くの機種で最新に更新が行われ古い機種もまだまだ現役で使用が可能ですiPhone6なんて素晴らしい機種です。古いが毎回高額なアップル社の修理費用を支払うなら買換えを選択された方が良いかも?そんなときに非正規ではありますがiPhone修理 名古屋 千種 今池 池下 覚王山 TO-Mobile本山店 を選んでいただき長くiPhoneを使ってください、お安く修理致します。話は脱線しましたが修理部材については確実に「安かろう、悪かろう」です。安さ重視であれば「ケーブルやコネクタに粗悪品を使っていない修理屋さんを選ぶ」ということが重要です。液晶の色合いやタッチ反応性などはあまり気にならない人もいます。しかしケーブルやコネクタの品質が悪いと、画面が急につかなくなるなどの不具合が発生する確率が高くなります。再修理になるとかえって高くついてしまいます。みなさんが「ケーブルやコネクタが粗悪品かどうか」を見極めるには、インターネットの口コミを確認するしかありません。「画面交換したけど、○ヶ月で何も映らなくなった!」というような情報が散見されるようでしたら、その修理店は避けたほうがよいでしょう。あとは修理店の保証制度で期間と対象となる条件がしっかり明記されている修理店の方が安心です。

「今のiPhoneを修理して、当分は使い続けたい」とお考えであれば当店にお任せ下さい。


iPhone修理 TO-Mobile本山店をよろしくお願い致します。

千種 今池 池下 覚王山 名古屋大学 八事 自由ヶ丘 茶屋ヶ坂 東山公園 星ヶ丘 一社 上社 本郷 藤が丘 名東区からも便利

23回の閲覧
 

090-1698-5094

050-3550-0777 クレジットカード可(Square)

  • Facebook
  • Twitter

©2018 by iPhone修理 TO-Mobile 長久手 藤が丘. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now